水まわりだけでなく窓だってリフォームしたい

今は何でもリフォームできる時代

床材の寿命を延ばすフロアコーティング

time 2021/10/21

床材の寿命を延ばすフロアコーティング

新築やリフォーム直後の床はぴかぴかでとてもきれいですが、経年によって知らず知らずのうちにキズや汚れがついてしまいます。その床材を長持ちさせ、キレイな状態を保つためにフロアコーティングをする家は少なくありません。ワックスとは違い、フロアコーティングは1回の施工で何年も効果を持続することができ、ライフスタイルや目的により様々な種類やタイプの中から選ぶことができます。日当たりの良い部屋は気持ちの良いものですが、その分床材を紫外線から守る必要があります。

ピカピカであっても滑りにくい、キズがつきにくくお手入れが簡単など、住んでいる方の年齢や目的に合わせたコーティングでさらに住み心地のよい家となります。コーティング剤に含まれる成分が気になる方が増えている昨今、有害物質を含まないコーティング剤で子供やペットにもやさしい種類に人気があります。また高齢者のいる家庭では、滑りにくく汚れにくい、汚れてもすぐ落ちるタイプが選ばれているようです。フロアコーティングをすることにより、キレイな床を数年から20年30年保つことができる種類もあり、施工しなかった場合に比べると見た目からしても清潔感があります。

キレイなままに保つためにはキレイなうちに施工しておくことが肝心です。初めに費用が余計に掛かったとしても、後々のことを考えると経済的にもお得と言えます。お手入れは簡単にできるようになりますが、施工後のアフターサービスを行っている業者は安心です。施工の品質が良ければサービスの質も良いものです。

費用も業者を選ぶ条件になりますが、まずは品質とアフターサービスの質を基準に選びたいものです。

down

コメントする